ホーム » 韓国語 » 韓国語の「何」を操ろう!「무엇・무슨・몇」の使い方やフレーズを紹介!

韓国語の「何」を操ろう!「무엇・무슨・몇」の使い方やフレーズを紹介!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「何」の韓国語を3種類紹介していきます。

「何が」とか「何の」とか「何を」とか、会話でよく使う表現だと思うので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

「何」の韓国語

では、さっそく「何」の韓国語を紹介していきます。

무엇の使い方・フレーズ

まずは「무엇(ムオッ)」の韓国語から!

会話ではほとんど、「무엇(ムオッ)」を短くして「ムォ」と発音されます。

意味は、「何」です。

使い方は、「무엇(ムオッ)」の後に助詞などをつけて「何が」とか「何を」などという風にできます。

フレーズはこちら↓

무슨の使い方・フレーズ

次に紹介するのは、「무슨(ムスン)」です。

意味は、「何の」です。もっと広く解釈すると「どんな」という意味でも使えます。

なので、「何の食べ物」とか「何の話」とか、「무슨(ムスン)」の後には名詞がきます。

もっと具体的にフレーズでイメージをつかみましょう!

몇の使い方・フレーズ

最後は、「몇(ミョッ)」です。

意味は、「何」とか「いくつ」です。

数を話すときの数字の部分に「몇(ミョッ)」が来ます。

つまり、「何個」と「何歳」とか「何学年」の「何」の部分に「몇(ミョッ)」が来るということですね。

フレーズを見てみましょう!

まとめ

今回は、「何」の韓国語を紹介しました!

会話でたくさん使える表現だと思うので、アウトプットたくさんして覚えちゃってください!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました