ホーム » 韓国語 » 【韓国語】「ハジマ」の意味は?「やめて」の韓国語!「ハジマ・クマネ・アンデ」の紹介!

【韓国語】「ハジマ」の意味は?「やめて」の韓国語!「ハジマ・クマネ・アンデ」の紹介!

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、「ハジマ」の意味や、「やめて」の韓国語を紹介していきます。

「やめて」の韓国語は基本的に2種類あって、「ハジマ」と「クマネ」です。

今回は、この2つに加えて「だめ」という意味の「アンデ」も紹介します。

「ハジマ」と「クマネ」の違いについても紹介するので、使い分けできるように頑張っていきましょーーーー。

「ハジマ」の意味

まずは、「ハジマ」の意味から!

「ハジマ」は、「やめて」という意味ですが、「クマネ」も「やめて」という意味です。

2つの違いを見るために、それぞれの単語の意味を見てみましょう。

「ハジマ」は、「することをしないで」という韓国語です。

「ハ」は、「する」という意味の「ハダ」で、「~しないで」という意味の「ジマ」がくっついて、「ハジマ」になっています。

なので、例えば「行く」という意味の「カダ」と「ジマ」がくっつくと、「行かないで」という意味の「カジマ」になります。

なので、「ハジマ」は否定の言葉です。

「クマネ」は後で詳しく紹介しますが、「クマン ハダ」の命令形で、直訳すると「そのくらいにしろ」という意味になります。

「ハジマ」と違って、否定形ではありません。

「クマネ」は継続してやってることをやめろ、という意味合いが強いです。

つまり、違いとしては、「ハジマ」は今やっていることや、やろうとしていることを「やめて」、

「クマネ」はずっとやっていることを「やめて」ということですね。

「ハジマ」の使い方

「ハジマ」の使い方としては、先ほど紹介したように、「今やっていること」や「これからやろうとしていること」を止める時に使います。

なので、例えばなにか間違ったことをしている時に「ハジマ!」といえるし、やってほしくないことを始めようとするときにも「ハジマ!」と言えるというわけですね。

逆に、ゲームとかをずっとしている彼氏に、「ゲームやめて」って言いたいときは、「ハジマ」より「クマネ」のほうがより適しているといえるということです!

「ハジマ」と言っても間違いではないけどね!!

継続してやっていることをやめるっていうのは「クマネ」のほうがあってるから、そういう意味で「ハジマ」より「クマネ」ってことです。

「ハジマ」のフレーズ

ではもっと具体的なイメージをつかむために、「ハジマ」のフレーズを紹介していきます!

  • ()

「クマネ」の意味

では、つぎに「クマネ」の意味などを紹介していきます。

「クマネ」の意味は、先ほどもすこし紹介しましたが、「そのくらいにする」という意味の「クマン ハダ」の命令形で、直訳すると「そのくらいにしろ」です。

もっと詳しく言うと、「ク」は「その」、「マン」は「~くらい」、「へ」は「する、しろ」です。

「その」という意味の「ク」や「~くらい」の「マン」は意外と日常会話でも使うので覚えておくといいですよ!

で、「クマネ」は継続的な行動などに「やめて」と言える言葉だということです!

「クマネ」の使い方

「クマネ」の使い方としては、「そのくらいにしろ」という意味を持っているので、基本的には継続的な行動に対する「やめて」の意味として使えます。

もっと具体的に言うと、ずーーーーーーーーーっとやっていることだったり、めちゃくちゃ”しつこい”時だったりにつかえるということですね。

ずっとちょっかい出したりしていると「クマネーーーーーーー!」ってなりますね。

こんな感じで使えます。

「クマネ」のフレーズ

では、「クマネ」のフレーズを紹介!

  • ()

「アンデ」の意味

では、最後に「アンデ」の意味を紹介します。

「アンデ」は、「ハジマ」や「クマネ」とは違って、「やめて」よりも「ダメ!」に近い言葉です。

「アン」は否定の時につける言葉で、「デ」は「できる」というニュアンスの意味を持っている言葉なので、「できない」→「だめ」になるということです。

否定の「アン」は結構便利で、使う場面が多いので覚えておくと損なしです!

例えば、「しない」という意味の「アネ」も「アン」と、「する」という意味の「へ」からできていて、「行かない」という意味の「アンガ」も「アン」の後に「行く」という意味の「ガ」がついています。

「アンデ」の使い方

では、使い方を見ていきましょう!

「アンデ」は、「ダメ」という意味が強いので、

基本的に「~する?」とか「~していい?」みたいに聞かれたときに「アンデ」っていうか、

「○○したらだめ」という意味で「○○ハミョン アンデ」みたいなかんじで使われることが多いです。

「アンデ」単独で使う場合は、切迫している状況だったり、急な状況の時が多いと思います。

例えば、熱い水で食器洗っているときに、手を洗うために誰かが横からすって手を出して来たら「アンデ!!」っていうイメージ(笑)

「触ったら熱い!!」だと遅すぎるから「だめ!!」って言っちゃう的な急なやつですね。

「アンデ」のフレーズ

では、「アンデ」のフレーズ!!

  • ()

まとめ

今回は、「やめて」の韓国語を紹介しました!

「やめて」には2種類あって使い方も違うということを紹介しましたが、日本語ではあまり使い分けないことだと思うので慣れるまで大変かもしれません。

が、会話などで実際に使っていけばすぐ慣れると思うので、ぜひたくさん使ってみてください!!

アウトプット命!!!ですので。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました